【RO】 精錬祭 前半戦終了

■次は中盤戦。

その前に成果をまとめてみる。
ぶっちゃけ、休みの日でないとブログ書く余裕すらないという。
日課はオークの記憶とフェンサラは回すようにしているけど、他はとてもじゃないが回せないなぁ。

o058.png

今年もデカイ!
去年はウェルスだったけど、今年はラザーニャ。
実装されたばかりの新MAPが会場になるのは珍しいかな?

o059.png

幻燈鬼ちゃんも健在。
今年はCUTIEとかけて、CUTEな白エドガの衣装に身を包んでいるようです。
もちろん、ここのメモD限定ですが。

ヴェルナー研究所に入れるのは正直でかい。
3日系のメモDなので、ビジョウ(360)→TWO(300)→バコナワ(360)→ヴェルナー(600)のループが可能。
タコDは鯖缶対策に取っておくのがよさそうです。
ヴェルナーをミラクル時に合わせておけば、10000+6000Pで毎回挑戦できる計算になりますね。
ビジョウとTWOの周回も併せてできて大変便利。

・Base170以上/Base160~/Base140~/Base100~

だいたいこの4種類で回れるメモDが限られてくるので、低Lv帯だとなかなか難儀してます。
特に100付近だと、回れるおいしいメモDがチャールストンと永劫ぐらいしかないので、ポイントが貯めづらい。
やっぱり140までは底上げしておきたいところですね。
160いってるとかなり楽な印象。来年までの課題ですな。

と、成果も一応報告。

o060.png

初日は、とにかくこの2種類(鯖肩と鯖靴)を早急に仕上げたかったので、全力でポイントを注ぎ込みました。
その甲斐あってか、なんとか完成。
その後のメモD回しが格段に楽になってます。
特に鯖肩の影響が大きくて、ハートハンターやTWOの雑魚戦でEStr1確が可能に。
今までJF→EStrで倒していたのが、結構な短縮に繋がりました。
火力は正義!
デビエスランと比べて耐性は落ちますが、それでもまだ36%あるので火力上がる上に耐性も取れて良い感じ。

o061.png

2回目3回目のミラクル時の成果。
去年に比べて渋い感じはしますが、まだ前半戦が終わったばかり。
ここから盛り返していきたいところ。
もう1個の鯖肩は、不滅風幽霊c挿したい。

とは言っても、まだ先日のイベントで手に入れた覚醒ローブもありますし、何より大量のs4兄貴斧・剣の存在と、今年はサラのローブにビジョウの卵があるので、まだまだ精錬するものには困らなさそうです。


テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

2018/05/23 16:58 | RO | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

【雑記】 絶対可憐チルドレン 原画展

■池袋マルイ7Fにて開催中。

少年サンデー公式サイト WEBサンデー

絶対可憐チルドレン -椎名高志展- in 池袋マルイ

期間は、2018/05/11~06/05まで。

51巻の裏帯に書いてあって、こりゃ行くしかねぇ!と思ったので行ってきました。

o050.png

一部写真を撮ってきたので、以下よりどうぞ。



続きを読む »

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

2018/05/18 21:27 | 雑記 | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

【RO】 精錬祭対象メモD決定

■公式ブログに載ってた。

公式ブログ:春のお祭りは猫王国で

オークの記憶
暗黒時代の記憶
エンドレスタワー
暴窟王の洞窟
封印された神殿
ホラーおもちゃ工場
ニーズヘッグの巣
霧の森
禁忌の研究所
闇のビョンウンゴ病院2階
ブワヤの巣
バコナワの棲み処
古のグラストヘイム、古のグラストヘイム(ハード)
ビオスの島
モルスの洞窟
魔神殿
悪夢のジターバグ
サラの記憶
フェイスワームの巣
ゲフェン魔法大会
魔神の塔
フェンリルとサラ
飛行船襲撃
呪いの剣士
中央実験室
最後の部屋
チャールストン工場
地下排水路
永劫の戦
真昼の弦月
空中要塞
過去の儀式の間
ハートハンター軍事基地
ヴェルナー研究所 中央室

計34カ所35種。

やはりヴェルナー研究所は入ってきましたね。
Base170以上制限。
去年の過去の儀式の間みたく、ボーナスフロアの位置づけになるのかな。
というか、なってほしい。討伐までだとさすがに回せないので。
ハートハンターもどんな感じになるのか楽しみですね。

他は多少の修正は入るかもしれませんが、概ね去年通りになりそう。
大きく変えてくるということはないでしょう。
変えてくるとしたら、精錬祭始まってからクエストやらなきゃいけなくなって阿鼻叫喚になりそう。

ただ、一つ言いたいことがあるとすれば、オークの記憶はもうちょっとポイント何とかしてほしい!
Base80以下限定なんだからいいじゃないという願望。
他のメモD、おいしいところはほとんど回せませんしね…。
正直、専用キャラなのでそこは割り切っているつもりですが、ちょっと変えてもらえるとうれしいなー(チラッ
まぁ装備Lv制限も付いてくるので、そこまでいいもの叩けるわけじゃないんですけどね。

来週はイベント始まったあとにラグ缶の更新もありますし、どうなることやら。
もしかしたら、過剰精錬必須のすさまじい装備品の追加がある…かも?


テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

2018/05/11 17:46 | RO | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

【RO】 バコナワ関連クエスト消化

■精錬祭まで1週間ぽっかり空いたので。

今のうちにやっておくのが吉かも。
精錬祭中にクエスト転送NPCが出る可能性もなくはないけど、あっても確か異世界ツアーズぐらいだったはずだし、やれるうちにやっておく方が安心できる。
まぁまだ精錬祭対象メモDが発表されたわけでもないので、外れたら泣くなく諦めるしかあるまい。
クエストスキップにポートマラヤ関連追加してきたあたり、対象外ってことはないと思うんだけどなぁ。

というわけで。
実際クエスト消化するのにどれぐらいかかるのか。
まだ終わっていないキャラで計測してきました。

転送アイテムと騎乗+ペコHB使ってたので、若干差異はあるかもしれませんが参考までに。

【バコナワメモD対象クエスト】
(・警戒する街(5個))
・街の救済者(10個) ※聖水6、青J6必要
・バコナワの伝説(10個) ※Base120以上
・消えた住民とバコナワ(20個) ※Base120以上

※警戒する街に関してはクリアが必須なものの、街の救済者の最初のNPCと話すだけで終了するので、スキップするのは石がもったいないのでオススメしない。
※クエストはBase120あれば回せるが、実際メモD入るのにはBase140以上必要なため注意。

以上、4つのクエストクリアが必須です。
括弧内は、クエストスキップで必要な石の数。


結果から言うと、20分弱ほどで終わりました。
4分、4分、10分ぐらい。
以前にバコナワ関連クエを回してた経験があったのと、騎乗のおかげでかなり速く終わった方かな。
一応、クエスト案内所を見ながらやりましたが、だいたいの位置は覚えてました。

バリオフォレストでNPCに話しかけなきゃいけないのと、採集もあるので、装備はある程度しっかりしておいた方がよさそうです。
あとは、ティクバラン15匹討伐も非戦闘職にはちょっと厳しいかな。
キルカウントシステムなので、2PCあれば別垢で倒せば済む話なのですがね。

あとは、バリオマヒワガで失踪者の所持品を見つけるやつ。
あれほんと見にくいから、改善してほしいところですね。
やったことある人ならともかく、初見の人はかなり迷うポイントかと思われます。
まぁ今は右上MAPに座標表示されるようになったので、しっかり座標で確認することをオススメします。

できることならついでにブワヤ関連のクエストも回しておくと、精錬祭で1つ選択肢が増えるので良いかもしれません。

【ブワヤメモD対象クエスト】
(・警戒する街(5個))
(・街の救済者(10個))
・森の中の秘密(30個) ※Base100以上

※メモD入場にはBase130以上必要

キャラ数多いならクエストスキップもありかと思いますが、うちの鯖では石1個200kz買取が出てます。
全部飛ばすとなると、石45個=9Mz。
うーん、こんなにするなら全部自力で回した方がいいんじゃないかと思う貧乏性。
ブワヤも含めると、さらに6Mz吹っ飛びますからね…。

まぁ石ゲットイベントもありましたし、買取価格を気にしない上で倉庫の肥やしにするぐらいなら、使ってしまってもいいんじゃないでしょうか。
それは各々の価値観次第ですね。


テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

2018/05/09 20:26 | RO | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

【RO】 暴窟王の洞窟 テストラン

■2018年精錬祭に向けて。



去年から装備が変わったので、試しに回ってみました。
うん、だいぶ早くなってる…はず!

実際には、NPCに話しかける時間とかあるのでここまで早くは終わらないと思いますが、去年よりかは時間をかけずに回れそうです。
サブ垢にもWL作っておいたので、同じような感じでできそう。

ボスもこれだけ火力あれば、水属性対策なしで大丈夫そうかな。
地味に欲しい一品のカード。期間中、誰かしらは出しそうだ。


テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

2018/05/01 16:34 | RO | COMMENT(0) | PAGE TOP▲
トップへ戻る 次のページ