【映画】 おおかみこどもの雨と雪

■映画の話
先月末に金曜ロードショーでやっていたのを今更ながら見ました。
昔はリアルタイムで見てることが多かったのですが、最近はテレビ自体を見ることも少なくなり時代の流れだなと思っております。
木曜洋画劇場→金曜ロードショー→ゴールデン洋画劇場→日曜洋画劇場の流れが懐かしい。

監督が時かけやサマーウォーズの細田守。
キャラデザがエヴァや.hackの貞本義行。
これだけで興味惹かれる人は多いんじゃないでしょうか。

内容は、おおかみおとこに恋した主人公から生まれた2人の姉弟(おおかみこども)の成長から自立までの物語。生まれてから幼少期の苦労や、そこからおおかみとしてとして生きていくか人間として生きていくかの選択などが描かれています。

全体的に普通に楽しめましたが、若干説明不足な点がチラホラ見受けられたのと最後の終わり方がここで終わっちゃうのかーといった感じでしたね。終わり方はジブリのアリエッティと似たような印象を受けてしまいました。
25分拡大枠だったので、本編のみだと2時間弱といったところでしょうか。他の映画群に比べると長めですね。もうちょい後日談というかそれからどうなったのかという部分が欲しかった気がします。

コミック化もされているようなので、そちらも機会があれば読んでみようかなと思っています。大筋は変わらないはずですが、少しでも補完されているといいなと思っています。


※2014/01/24追記
ネタバレありなので、それでもOKという方のみ以下へどうぞー。


■おおかみおとこ(雨、雪の父親)の死因が描かれていない。
表現上厳しかったのか、ご想像にお任せしますなのか。人間の姿ではなく狼の姿で果てていたので、なんらかの理由で狼の姿にならなくてはいけなく、その時に車にはねられたのかなと私は想像しています。

■死体を発見されて運ばれる描写がエグい。
個人的な意見。普通にゴミ収集車っぽい車に入れられてそのままスイッチをポチッとか・・・。実際の動物の死体の処理方法もこんな感じなの・・・か?ゴミ収集車ってかき回してそこから圧縮するじゃないですか。その時にイテテテテと心の中で思っていました。

■花が山の中に雨を探しに行った際に崖から滑り落ちたのに傷が浅そう。
どう見ても入院コースでしょうあれ。下手すりゃ死んでてもおかしくない落ち方に見えました。花が頑丈だったのか、はたまた奇跡的に助かったのか。

■草平(転校生の少年)と雪のその後が知りたかった。
雪が草平には狼であることを打ち明けたことから、それなりの関係にはなっているはずだとは思いますが・・・。最後の雪が中学生になったうんぬんのところで何も情報が出なかったんですよね。あそこの写真に一緒に写っていればよかったのになぁと個人的に思っています。


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

2014/01/23 23:44 | 雑記 | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る